So-net無料ブログ作成
検索選択

【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)

 漫画家やくみつる氏の話「菅新首相に期待できるか。「まだNO!」だ。菅氏の魅力の原点は、市民運動上がりの青臭さだったはず。それが、永田町に身を置くにつれて小沢氏のような志の異なる政治家とも平気で手を結ぶような凡百(ぼんびゃく)の政治家に成り下がってしまっている。青臭いまでの理想論を遮二無二(しゃにむに)貫く気概を取り戻してほしいものだと思っている。民主党のマニフェストを、私も『夢物語』だと思ってはいるが、菅氏には夢を追求し、ぜひ実現に近づけてほしい。小沢氏との距離を保つことより彼にこだわってほしいのは、市民との距離を縮めること。それがひいては、小沢氏との距離を決めることになるだろう」

<滞納回収>専門部署の設置が自治体で広がる 不況と税源移譲が影響(毎日新聞)
<故・三沢光晴さん>ケータイ日記が本に 香山リカさん企画(毎日新聞)
8日に組閣=菅氏(時事通信)
第94代首相に菅直人氏、参院でも指名(読売新聞)
【ゆがむ郵政「改革」】生田正治・元郵政公社総裁に聞く「政策議論を深めて」(産経新聞)

女性に聞く、公共トイレに不満はありませんか(Business Media 誠)

 公共トイレで困ったことや嫌な経験をしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。女性で、公共トイレに寄ろうとしたら順番待ちの列が長すぎて「並ぶのを断念したことがある」と答えた人は87.1%に達していることが、アイシェアの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 また用を済ませた後に手を洗おうとしたら、手洗い場所が順番待ちになっていて困ったことが「ある」(54.4%)人も半数を超えた。

 順番待ちで困った経験がある人は多いようだが、公共トイレで嫌な目にあったことが「ある」という人は30.5%。具体的なエピソードを聞いたところ「便器や床が排泄物で汚れていた」「排泄物を流してなかった」「トイレットペーパーがなかった」「カギがかかりにくく、ドアを開けられた」「入っているのにしつこくノックされた」といった意見が多かった。このほか「水を使ってないのに化粧直しなどで蛇口の前から離れない人がいる」「和式がイヤだからと、トイレが空いたのに入らず、後ろの人に声かけもしない人が時々いる」などの声もあった。

 公共トイレに不満を持つ人も少なくないようだが、改善するためにはどのようにすればいいのだろうか。公共トイレに不満を持っている人に聞いたところ「清潔にしてほしい」「個室の数を増やしてほしい」という意見が目立った。また「洋式トイレを増やしてほしい」「もっと個室内の荷物置き場を広くしてほしい」「手洗いスペースとメイクスペースを分けてほしい」「並ぶラインをきちんと示してほしい」といった意見も多かった。「“誰もが快適に使える清潔な公共トイレを”というごくシンプルな願いだが、実現するために解決すべき課題は数多いようだ」(アイシェア)

 インターネットによる調査で、20〜40代の女性419人が回答した。調査期間は5月6日から5月11日まで。

【関連記事】
男性用トイレ、小便器は必要なのか
「立ち」でもない、「座り」でもない……“ひざつきション”を試してみた
トイレを見ればその会社の勢いが分かる理由

普天間移設 鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
「米国型」など3タイプ提示=共通番号制度案の概要判明(時事通信)
戒告処分の前部長天下り 福岡県町村会不正事件 (産経新聞)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。